骨盤のゆがみ

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤のゆがみ

骨盤矯正をする前に、骨盤がゆがんでいないかどうか、確認してみましょう。

確認する方法は、いくつかあります。簡単なものだと、まず床に、何も敷かずに仰向けになります。次に、足をそろえて、両足の力を自然に抜いた状態になります。このとき、かかとに力を入れなくても、くっついているかどうか、自然に外側を向くはずですが、つま先の開き具合は同じかどうか、かかとの高さが違わないか(ゆがみがあると足の長さが違っている場合があります)、チェックしてみましょう。これらに当てはまる場合は、骨盤矯正で治る可能性があります。

また、仰向けに寝た状態で、足を肩幅に開いた時、骨盤の一番高い部分と床までの高さを測ってみましょう。左右の高さに違いがあれば、それがゆがみのサインです。

同じように、正座をした時に、肋骨から骨盤までの長さを、左右で比べてみる方法もあります。目に見えるほどの大きな差はない方でも、仰向けから腹筋だけで起きあがることのできない方は、腹筋が弱いため、内臓が下がってしまったり、骨盤がひらき気味になってしまったりしている可能性があります。

自分で出来るチェック方法としては、ネックレスが、いつも同じ方向にずれたり、靴の外側ばかりすり減ったり、ウェストのくびれの高さが違う、下半身が痩せにくく、お尻が大きい、ヒップが扁平など、これらに心当たりがあれば、ゆがみや開き、ずれを起こしている可能性があります。

気になる方は、整体やカイロプラクティックなどで、一度、骨盤矯正を受けてみることをおすすめします。最近では、ヨガやピラティスなど、体のバランスを整えることを目的とした運動が大変注目されていますので、自分に合った骨盤矯正方法を探してみるのが良いでしょう。

次の記事 >> 骨盤のひらき
骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース