骨盤のひらき

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤のひらき

骨盤のひらきが気になる方には、腹筋が弱く、ヒップが扁平で、下半身太りの方が多いです。これを解消するためには、ゆがみを整える体操の他に、骨盤のひらきを正しい位置に戻すための、骨盤矯正体操が有効です。

骨盤がひらいている人は、姿勢が悪いことが多いです。そして、冷え性や、下っ腹が出ていることを悩んでいる人が多く見られます。

これらの悩みを解決する方法をご紹介します。

まず、床が固めのじゅうたんの上で、仰向けに寝ます。次に、膝を90度に曲げて、肩幅にひらきます。腕は、体の両脇にぴったりとつけ、手のひらは、体の方を向いた状態、つまり、気をつけで太股の両脇につけた状態に固定します。

そのまま腰を持ち上げて、膝から肩までが、まっすぐになるようにして、7秒我慢し、ゆっくりと下げて、全身の力を抜きます。

これを数回繰り返した後、大の字になって、3分間休みましょう。骨盤にひらきのある方は、初めの何回か、「ポキッ」となるかもしれません。

これは、腹筋や背筋が弱ってしまうことによって、骨盤の位置がずれているのを、正しい位置に矯正することができる体操です。大の字になって休むのは、せっかく位置を正した骨盤を、正しい位置で安定させるためです。すぐに立ち上がってしまうと、せっかく治した骨盤の位置が、すぐにもとにもどってしまう恐れがあります。ゆったりと時間をとって骨盤矯正体操を行いましょう。

また、ふとんなど、柔らかい場所で行うと、効果が得られないことがありますので、必ずかたい床の上か、薄手のじゅうたん、ヨガマットなどの上で行うようにしてください。

この骨盤矯正体操は、ゆっくり、毎日行うことが、効果的です。はやく行っても全く意味がありませんので、呼吸に注意しながら、ゆっくりと、バランス良くおこなうようにしてください。

次の記事 >> 骨盤を引き締める
骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース