骨盤を引き締める

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤を引き締める

骨盤は、身体の中で、上半身の体重を支える部分であり、また、大切な内臓を入れる器でもあります。この骨盤が広がり、歪んでしまうと、内臓が、本来あるべき位置より下に下がってしまい、体の外側に体重がかかるような状態を招いてしまうことになります。

その結果、ぽっこりお腹、O脚、四角いお尻、便秘などの症状を引き起こします。さらに、骨盤の歪みが、下半身の血行と代謝を悪化させ、下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。また、女性では、生理痛、生理不順、不妊にまで影響を及ぼしてしまいます。

骨盤矯正には、いろいろな方法がありますが、そのひとつに、骨盤矯正クッションというものがあります。

クッションにも、いろいろな種類があるようですが、骨盤矯正クッションに座ることによって、お尻の下にある左右の坐骨を内側に引き締める効果があるものがあります。その結果、骨盤の広がりをなくし、骨盤を本来の形に整える効果があります。

骨盤矯正クッションを使って、骨盤を引き締めることで、余分な肉が付きにくくなる、痩せやすい体になるなどの効果が期待できます。

一般的な骨盤矯正クッションは、毎日、10~15分間座るというタイプが多いようです。初めは痛みを感じることも多く、その場合は、使用時間を始めは短めでスタートし、慣れてきたら徐々にのばしていく方法が良いそうです。

必ず全員に効果があるとは言い切れませんが、便秘が治ったり、腰痛が改善したりという効果が得られる方も、大勢いらっしゃいます。

骨盤矯正クッションは、床において使用するものや、椅子の上に置いて座るものなど、様々な種類のものがあるようです。なお、注意事項があるものもあるようなので、よく確認してから購入することをおすすめします。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース