骨盤矯正を続けるには?

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤矯正を続けるには?

骨盤矯正=運動とうイメージを持つ人は、多いのではないでしょうか。

運動や、体を動かすことが好きな人であれば、それほど苦になることではないでしょうが、運動オンチだったりして、どちらかというとインドアタイプの人にとっては、簡単な運動でも毎日長く続けるということは、考えただけでも気が重くなるものです。

産後ダイエットには、骨盤矯正が効果的といわれています。しかし、産後は、初めての出産の場合は特にそうだと思いますが、慣れない育児で、夜もしばらくはゆっくりと落ち着いて眠ることもできず、気分が落ち込みがちになってしまうものです。

同居する家族がいて、育児をサポートしてもらうことができる環境であれば、まだ気も紛れ、また、育児のアドバイスをしてもらうことができて、安心感があるかもしれませんが、核家族化が進み、お姑さんと同居することも少なくなっている現代は、赤ちゃんと1対1で過ごす新米ママの方が、圧倒的に多いことでしょう。

そんな新米ママが、挫折することなく骨盤矯正を実践するには、どんな方法が良いのでしょうか。

例えば、出産をした産婦人科で、産褥体操をサポートするようなスクールを、開催していないでしょうか。もしなければ、別のスクールを探す手もあります。骨盤矯正のための、ストレッチや体操を指導してくれるようなスクールを、探して通ってみるというのはどうでしょうか。

そういったスクールであれば、同じ子育てをするママの集まりなので、年代も近い人が多く友達もできるというメリットもあります。

骨盤矯正を行いながら、育児の悩みを話し合ったりもできるので、ストレス解消にもなるでしょう。赤ちゃんも連れていけるところも多くあります。家の中にこもらず、思い切って外に出てみましょう。そうすることによって、気分も明るくなると思います。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース