骨盤矯正のストレッチ

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク

骨盤矯正のために、有効な方法のひとつとして、ストレッチがあげられます。

人間が、日々普通に生活している中で、実は、無意識に、身体の、「使いやすい方」だけを偏って使ってしまう傾向があります。この偏りが、何年も積み重なることで、ゆがみになってしまうという例が、多く見受けられます。

この体の偏りを改善する方法として、ストレッチが有効です。骨盤矯正にも効果があり、体の筋力のバランスが良くなれば、ダイエットにもなります。また、O脚が改善したり、肩こり、頭痛が緩和されたりするケースや、女性では、生理痛が軽くなるなどの効果があらわれる場合もあるそうです。

ストレッチをする上で、とても重要なのが、バランス良く運動をすることです。体のゆがみを治し、正しい位置に骨盤矯正をしようとする場合、やりやすい方向ばかりにストレッチしていては、結局、ゆがみを改善することはできません。ゆっくりでいいので、前後左右、同じ動きを行うように心がけましょう。

まがりにくい、やりにくいなどと感じる方向がある人は、それがゆがみの証拠なのです。動かしにくい方向だからこそ、丁寧に、念入りにストレッチを行い、全身のバランスを整えるように心がけましょう。

補助的に、骨盤矯正ベルトを使用して、ストレッチや体操を行うと、腰痛がある場合は、痛みを抑えることができる場合もあります。また、動かしにくいと感じる方向に、無理がかからなくなったり、体操後のだるさが軽減されたりすることもあります。

骨盤を正しい位置に固定してくれる作用のある専用のベルトは、いろいろな種類が市販されています。自分の状態に合わせて、ストレッチや体操と併用していくと良いでしょう。

骨盤にゆがみがあると感じたとき、どのように骨盤を矯正すれば良いのでしょうか。

整体やカイロプラクティックなどで治療を受けるという方法もあります。しかし、筋力が低下してゆがみを起こしている場合は、治してもまたすぐに歪んでしまうということになりかねません。筋力の低下によるゆがみを根本的に直すためには、骨盤を支えている筋肉を、鍛え直すことが重要です。

最近、骨盤矯正が、インナーマッスルという、体の内部の筋肉が衰えることによって引き起こされるものだということが、明らかになってきました。ヨガやピラティスといった、体のバランスを整え、美しくするために鍛える方法も注目されています。

しかし、なかなか思うように習得できない方も多いと思いますので、家庭でできる、気軽な骨盤体操を、ご紹介したいと思います。

まずは、足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。腰に手をあてて、頭を動かさないように腰だけゆっくりと回します。この時、右回りと左回りを交互に、前後左右の動かす大きさを同じにするように心がけましょう。

このとき、どうしても、後ろには行きすぎて、前にはあまり動かなくなりがちです。あまり大きく動かす必要はありませんので、バランス良く回すようにしましょう。

これは、骨盤のバランスを整えることのできる、骨盤矯正体操の一つです。ポイントは、フラダンスのように、腰だけ動かして、ゆっくりとバランスよく行うことです。

鏡を見ながら、へっぴり腰になっていないか、膝が伸びきっていないか、左右同じ動かし方になっているかどうかをチェックしながら行なうと、とわかりやすいと思います。

ぽっこりお腹は、骨盤の歪みが原因と考えられますが、あなたは、見ないふりをして諦めますか?だぼだぼな服を着れば、ぽっこりお腹は目立たないのでしょうか。お洒落もあきらめちゃいますか?

今は、いろいろな種類の、骨盤矯正ストレッチのDVDや、本が市販されています。そういったものを参考に、一人黙々と部屋の中で実践するという方法は、どうでしょうか。そんなの、三日坊主で終っちゃうという人も、多いのではないでしょうか。やっぱり、仲間がいないとやる気もなかなか沸かないと思います。そういう方には、特に、最近、カルチャースクールでも「骨盤矯正ストレッチ」講座が開講されているので、おすすめです。

そういった講座では、最初はまず、骨盤についての知識の勉強から入ります。骨盤の知識なくして、骨盤矯正はできないというわけです。

知識を得ることで、それを踏まえれば、どうして自分の骨盤は歪んでしまったのか、歪んだ原因も解明できます。そして、その原因を取り除いてあげるだけでも、骨盤矯正に一歩近づけるような気がします。

もちろん、知識だけを頭に叩き込んでも、骨盤は、元の位置には戻りません。スクールでは骨盤矯正ストレッチを、実践的に指導してくれます。ストレッチの仕方をきちんと覚えて、家でも実践すれば、効果は倍増するでしょう。

産後のママさんは、赤ちゃんを連れて、カルチャースクールなんて通って居られないと言う方も、多いかもしれません。そんな方には、赤ちゃん連れで参加できる、骨盤矯正ストレッチスクールというものも、あるようです。

ベビーマッサージと骨盤矯正ストレッチを同時に体験できるので、赤ちゃんにもママさんにも大喜びの、うれしい講座です。

骨盤矯正のために、ストレッチを実践する場合、どんなふうにして行えば、効果的なのかについて、考えてみたいと思います。

まずは、ストレッチの方法の前に、骨盤矯正を行う際の服装についてですが、楽で動きやすい服装で行うということで問題はありません。しかし、どうせするなら、より効果的な形で行った方がいいでしょう。そこでおすすめしたいのが、骨盤矯正のストレッチを行う際に、骨盤矯正をサポートするパンツを着用して行うことです。

骨盤矯正用のグッズは通信販売などで売られています。そのようなショップをみてみると、その中に、骨盤矯正のサポートパンツがあります。着用して運動をすることを考えられて作られているものが多いので、吸汗性に優れた素材で作られています。

これを着用することで、骨盤を安定させる作用があるほか、ガードル機能が内蔵されていて、腹圧をサポートしたり、ヒップアップ効果があったりするパンツもあるそうです。ぜひ探してみてください。

そして、効果的な骨盤矯正の方法についてですが、骨盤矯正をしたいと思っても、具体的に、いったいどこをどうすれば骨盤のゆがみが解消されるのかを、イメージできる人は、少ないのではないかと思います。大半の人は、下半身を対象とした、ストレッチを行うのだという程度に留まるのではないでしょうか。

骨盤矯正のためのストレッチは、「腸腰筋」という筋肉を鍛える方法が、最も効果的といわれているようです。腸腰筋といっても、なかなか耳慣れない言葉かもしれません。これは、体幹の動きを統率している、とても大切な役目をしている筋肉であることがわかっています。

「腸腰筋」とは、骨盤の上部と、胸椎の一部分、それに、腰椎から伸びて大腿骨へとつながっている筋肉で、健康を維持するためには、なくてはならない、とても大切な役割を果たす筋肉です。

骨盤も支えている腸腰筋を鍛えることは、ただ単に下半身を鍛えることよりも、骨盤矯正には大きな効果があるのです。産後ダイエットにも通じることですので、上手に腸腰筋を鍛えるストレッチを取り入れ、効果を上げる工夫をしてみてください。

いつの時代も、女性の大きな関心のひとつが、「ダイエット」であることは変わりません。雑誌の見出し、友達との話題、テレビ欄をチェックしたとき・・、「ダイエット」の文字が、死語になることは到底考えられません。

ちょっと前から、よく耳や目にする、「骨盤矯正ダイエット」も、その一つです。

「骨盤矯正」は、読んで字のごとく、骨盤を正しく元通りにすると言うことを意味します。そもそも、どうして骨盤は歪んでしまうのでしょうか。

骨盤が歪んでしまうと言っても、この歪みは、骨盤自体の骨が歪むと言うことではありません。骨盤の周りの筋肉のバランスが悪くなり、その筋肉に引っ張られた骨までもが、バランスが悪くなり、歪んでしまうというのが、骨盤の歪みです。

かかとが高い靴を履きつづけたり、同じ方の肩にばかり重いバックをかけ続けたり、手にもったり、足を組んだり、横すわりしたり、物を食べるのに、片方の歯だけ噛んだりしていると、骨盤は歪みを生じてきます。言われてみればと、思い当たる項目が、多い方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

この骨盤の歪みは、骨盤矯正体操で改善できます。骨盤矯正体操を実践していると、骨盤は正しい位置に戻ってきます。また、骨盤を矯正できるだけでなく、うれしいことに、ぽっこりと出たお腹、お尻の余分なお肉が取れて、すっきりした体になります。

しかし、たった一日や二日で、思い描いたプロポーションになれるわけではありません。自分に合った骨盤矯正体操を、毎日こつこつと続けることが大事です。自分にあった骨盤矯正体操を見つけ、焦らずにゆっくりと継続しましょう。無理をすると、筋肉を痛めてしまいます。サボると、せっかく戻りつつあったのが、また逆戻りということもありますので、がんばって続けてみましょう。

ヨガは骨盤矯正のために良いとされています。

ヨガと聞くと、どうしても、軟体動物のような変なポーズをとったり、アクロバティックな動きをしなければならないと想像してしまいがちです。確かに、ヨガには様々な種類があり、中には、難しいポーズに行き着くようなものもあります。

しかし、本来、ヨガとは、体のバランスを正常にして、高い集中力、及び、動じない精神力を養うための方法のひとつなのです。つまり、ポーズをとることが目的ではなく、心身共に健全になることを本来の目的とするものなのです。

体のバランスが良い状態とは、全身の骨格や筋肉などが、お互いに協力して働き、それぞれの働きを邪魔しないように、バランスのとれた状態のことをいいます。つまり、同じ動作をしていても、バランスのとれた体と、バランスのとれていない体では、筋肉にかかる負担が、大きく変わってくるのです。

ヨガによって、バランスのいい体を手に入れるということは、つまり、無理のかからない体を手に入れるということです。ヨガは、正しい姿勢を身体に自然に記憶させるため、悪い姿勢による骨盤のゆがみも、改善する効果があります。ヨガは、実は、最も骨盤矯正に向いているエクササイズといえるのです。

同様の効果が得られるエクササイズとしては、ピラティスやバランスボールエクササイズなども有効です。これらは、すべて、「体の内側から筋肉を鍛え、バランスを整える」ことを目的としているエクササイズです。

最近では、あちこちで、教室もたくさん開かれていますし、本屋さんにはDVD付きの教本が豊富に売られていますので、それらを簡単に手に入れることもできます。インターネットで検索すれば、たくさんの情報も入手できます。自分の体に合ったエクササイズで、骨盤矯正を実践して、美しく健康的な身体を手に入れましょう。

女優の竹内結子さんの産後ダイエット法として一躍有名になったのが、「インスパイリング・エクササイズ」です。

このエクササイズは、産後の骨盤矯正によるダイエットであるというイメージが強いです。しかし、実は、骨盤矯正が必要なのは、出産後ばかりではないのです。出産を経験していない女性でも、骨盤の歪みは起こってしまいます。そして、それによって、体に不快な症状が現れます。

インスパイリング・エクササイズは、骨盤の歪みを正しい位置に戻す、いわゆる骨盤矯正をしたい方、全ての方に、効果的な方法です。このインスパイリング・エクササイズは、最近では、カルチャースクールでも受講できるようになりました。日本最初のカルチャーセンターである、「産経学園」の、自由が丘と横浜校でも受講可能です。

特に、横浜校の「インスパイリング・エクササイズ」は、スタジオインスパイリング認定のインストラクターを講師に迎えています。スタジオインスパイリングといえば、主宰はあの竹内結子さんを直々に指導されたといわれている、Micacoさんです。

このMicacoさんを師匠として、骨格矯正と、インスパイリング・エクササイズを学んだ認定講師ですから、本家本元のインスパイリング・インストラクターと言って良いでしょう。

横浜校では、この講座が、第2と第4土曜日の、10時10分からと、11時35分からの、2回と、 第1と第3金曜日の18時20分からと、19時45分からの2回、 第2と第4 火曜日の11時45分からの1回、開かれています。

お近くの方は、受講されてみてはいかがでしょうか。竹内結子さんのようなスタイルも、夢ではないかもしれません。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
骨盤矯正関連ニュース