骨盤矯正のためのストレッチ

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤矯正のためのストレッチ

骨盤矯正のために、有効な方法のひとつとして、ストレッチがあげられます。

人間が、日々普通に生活している中で、実は、無意識に、身体の、「使いやすい方」だけを偏って使ってしまう傾向があります。この偏りが、何年も積み重なることで、ゆがみになってしまうという例が、多く見受けられます。

この体の偏りを改善する方法として、ストレッチが有効です。骨盤矯正にも効果があり、体の筋力のバランスが良くなれば、ダイエットにもなります。また、O脚が改善したり、肩こり、頭痛が緩和されたりするケースや、女性では、生理痛が軽くなるなどの効果があらわれる場合もあるそうです。

ストレッチをする上で、とても重要なのが、バランス良く運動をすることです。体のゆがみを治し、正しい位置に骨盤矯正をしようとする場合、やりやすい方向ばかりにストレッチしていては、結局、ゆがみを改善することはできません。ゆっくりでいいので、前後左右、同じ動きを行うように心がけましょう。

まがりにくい、やりにくいなどと感じる方向がある人は、それがゆがみの証拠なのです。動かしにくい方向だからこそ、丁寧に、念入りにストレッチを行い、全身のバランスを整えるように心がけましょう。

補助的に、骨盤矯正ベルトを使用して、ストレッチや体操を行うと、腰痛がある場合は、痛みを抑えることができる場合もあります。また、動かしにくいと感じる方向に、無理がかからなくなったり、体操後のだるさが軽減されたりすることもあります。

骨盤を正しい位置に固定してくれる作用のある専用のベルトは、いろいろな種類が市販されています。自分の状態に合わせて、ストレッチや体操と併用していくと良いでしょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース