骨盤矯正のための体操

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤矯正のための体操

骨盤にゆがみがあると感じたとき、どのように骨盤を矯正すれば良いのでしょうか。

整体やカイロプラクティックなどで治療を受けるという方法もあります。しかし、筋力が低下してゆがみを起こしている場合は、治してもまたすぐに歪んでしまうということになりかねません。筋力の低下によるゆがみを根本的に直すためには、骨盤を支えている筋肉を、鍛え直すことが重要です。

最近、骨盤矯正が、インナーマッスルという、体の内部の筋肉が衰えることによって引き起こされるものだということが、明らかになってきました。ヨガやピラティスといった、体のバランスを整え、美しくするために鍛える方法も注目されています。

しかし、なかなか思うように習得できない方も多いと思いますので、家庭でできる、気軽な骨盤体操を、ご紹介したいと思います。

まずは、足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。腰に手をあてて、頭を動かさないように腰だけゆっくりと回します。この時、右回りと左回りを交互に、前後左右の動かす大きさを同じにするように心がけましょう。

このとき、どうしても、後ろには行きすぎて、前にはあまり動かなくなりがちです。あまり大きく動かす必要はありませんので、バランス良く回すようにしましょう。

これは、骨盤のバランスを整えることのできる、骨盤矯正体操の一つです。ポイントは、フラダンスのように、腰だけ動かして、ゆっくりとバランスよく行うことです。

鏡を見ながら、へっぴり腰になっていないか、膝が伸びきっていないか、左右同じ動かし方になっているかどうかをチェックしながら行なうと、とわかりやすいと思います。

次の記事 >> 骨盤矯正ストレッチ
骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース