産後の骨盤矯正

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
産後の骨盤矯正

骨盤とは、体の中心となる背骨を支える重要な骨で、蝶の羽のような形をしています。真ん中に穴が空いたような形をしていて、出産時には骨盤の中を赤ちゃんが通り抜けなければなりません。お腹の中で、胎児が成長してくると同時に、母体の骨盤も開いたり歪んだりしてきます。

骨盤をつくる左右3対の骨には、靭帯という丈夫な組織でしっかりと結びついていますが、出産が迫るとホルモンの影響で子宮口や靭帯は柔らかくなって、骨の継ぎ目が若干ゆるんでゆがみが発生し、恥骨結合も少しずつ開き始めます。

この時、赤ちゃんは横向きになり、骨盤内に入ってきます。骨盤以外にも、背骨の靭帯が緩んでしまう事で、産後に背中がとても痛くなることがあります。これらの症状が見られた場合は骨盤矯正が必要です。

この様に、骨盤は妊娠してから誕生するまでのなかで様々な動きをし、恥骨結合が緩み、産後の骨盤は必然的に開いてしまうのです。また、お尻の骨(仙骨)も歪むことで骨盤全体が広がることになります。産後の骨盤は、緩みきった状態になってしまうので骨盤矯正が必要です。

骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、太りやすい体質になったり、産前に穿けていたパンツがきつくなったり、ストレスが溜まりやすくなったり、ひどい時には育児に負担が掛かる厄介な腰痛等の痛み等を引き起こすこともあります。

美容面においては、骨盤が広がることでお尻周りに脂肪が付きやすくなります。姿勢も悪くなり、同時に垂れ尻の原因や、お尻・ウエストが自然と大きくなってくることもあります。「もう歳だからヒップの形が悪くなった・・」と諦めていることは、間違いですので骨盤矯正を行うことをおすすめします。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース