骨盤矯正グッズで便秘解消

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤矯正グッズで便秘解消

骨盤矯正グッズは、探してみると、ずいぶんいろいろなものが考案されて、市販されているようです。ここで、全ての骨盤矯正グッズを紹介することはできませんが、探した中で、いくつか目に留まったものを紹介してみたいと思います。

一番インパクトがあった骨盤矯正グッズは、ボールです。ボールというと、ダイエットに使われる大きなバランスボールをイメージされる方が多いかもしれません。ですが、ここで紹介する骨盤矯正用のボールの直径は、13.5センチの、小さなものです。当然、そんな小さなボールなので、乗って何かをするわけではありません。では、この骨盤矯正グッズは、どのように使うものなのでしょうか。

「下腹スッキリ超腸ボール」と名づけられたこのボールは、レンジで温めて使用するものです。ボールの中には、セラミックボールがいくつも入れられています。レンジで温めることで、ボールの中のセラミックも温められ、さらにボール一面につけられた丸い突起も、腸の機能を促すのに効果があるというわけです。

レンジで温めたボールをどう使うかというと、下腹部のあたりに乗せ、おへそを中心にしてコロコロと時計回りにまんべんなく転がしていきます。これで、大腸に滞留した便がボールの回転とともに移動し、排泄を促す作用があります。つまり、便秘の解消にもつながるというわけです。

便秘は、女性に比較的多く起こりがちなもので、女性の代表的な悩みのひとつです。お腹が張ったりして、不快な症状が伴うものです。それを、薬を使うことなく、温めたボールをお腹の上で転がすだけで、解消することができるなんて、とても嬉しいグッズです。

このボールを使うことで、遠赤効果があり、便秘の解消だけでなく、胃腸の働きも活発になります。そして、手足の冷えも解消する効果があるということです。胃腸虚弱や冷え性で悩んでいる方にとっては、骨盤矯正以外にも、多くのメリットがありそうです。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース