バスタイムに骨盤矯正

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
バスタイムに骨盤矯正

骨盤矯正は、わざわざそのための時間を作らなくても、生活の中の、ちょっとした時間を使って実践できるものです。

いろいろな場面で、骨盤矯正が実践できるようサポートするためのグッズも、開発されています。
時間のある時に、インターネットで探してみてください。たくさんの骨盤矯正グッズがヒットすると思います。見ているだけでも、「へぇこんなのもあるんだ」と面白く感じると思います。

そんな感じで、たくさんある骨盤矯正グッズの中から、お風呂に入る時間を骨盤矯正タイムに活用できるグッズを紹介します。名前を「バスシェイパー」といいます。この骨盤矯正グッズは、入浴中、湯船に浸かりながら使うことで、骨盤のゆがみを強制することができるすぐれものです。

バスシェイパーは、横幅が40センチ、縦の奥行きが20センチほどの長方形をカーブさせた形状をしています。そして、底の真ん中部分に、高さ10センチほどの脚がついています。この脚は、底の部分が丸くなっていて、床に置いても安定せず、横向きに置いてカーブに合わせて座ると、左右にゆらゆら揺れるようなしくみになっています。このゆらゆらには、骨盤のゆがみを正す効果があるのです。

湯船に浸かる時には、バスシェイパーを浴槽に沈め、その上に座ります。そして、バランスを取りながら、左右にゆらゆら体を揺らすようにします。これを、2~3分続けます。これだけの簡単なことで、骨盤のゆがみが矯正され、さらに、太もも、下腹部、脇腹といった部分の、筋肉に刺激を与え、下半身を引締めるシェイプアップの効果も期待できます。

お風呂の中で行うため、水の浮力が体にかかる負荷を軽くしてくれるので、負担なく骨盤矯正のための運動を実践することができるので、バスシェイパーは、大変オススメの骨盤矯正グッズです。

次の記事 >> 話題の骨盤矯正の本
骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース