芸能人の産後の骨盤矯正

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
芸能人の産後の骨盤矯正

芸能ニュースで、女優さんの出産のニュースが流れ、間もなく、その女優さんが、職場復帰したとのニュースが流れます。出産後の復帰会見では、出産前と、全く変わらないプロポーションという方が大勢いらっしゃいます。女優魂がそうさせるのか、元々の体質なのか、よくわかりませんが、羨ましいの一言に尽きます。

出産するために、女性の体のあちらこちらは、様々な変化を見せます。骨盤の開きもその一つです。出産が近くなってくると、女性ホルモンの影響で、靭帯が緩み、骨盤が広がり、産道が確保されます。

産後から産後半年間は、骨盤は不安定な状態になり、この時に、歪んだ骨盤のまま半年過ぎてしまうと、歪んだ状態で骨盤が固まってしまいます。それが、肩こりや腰痛などの症状を引き起こす原因になります。

また、骨盤が広がったままで固定されてしまうと、内臓の一部が、広がった骨盤に入った状態になります。そして、ぽっこりお腹の原因になったり、脂肪のつきやすいお尻になってしまったり、O脚になりやすくなったりと、思わぬ体型の変化を引き起こします。そのため、産後の骨盤矯正の重要性が強調されるのです。

では、産後の広がった骨盤は、どうしたら元に戻せるのでしょうか。産後の骨盤矯正のポイントは、どこにおいたらよいのでしょうか。出産は人生において、命がけの大仕事です。それだけ、体にも大きな負担がかかっています。

激しい運動ダイエットで、元の体に戻そうとするのは、大きな間違いです。目標を、出産前の体重の数字や、ウエストサイズの数字に置くのも全くの間違いです。あくまでも、骨盤矯正で「開いた骨盤・歪んだ骨盤を元の状態に戻す」ことを目的にして、無理のない運動をこつこつと長く続けることが大事です。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース