骨盤矯正によるダイエット

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤矯正によるダイエット

骨盤がゆがむ原因は、腹圧が高くなることから骨盤を内側から広げることによって骨盤を内側からサポートする力が弱くなっているからです。この原因を解消しないと、骨盤矯正を何度おこなってもすぐに戻ってしまいます。骨盤がゆがむと下半身太りや腰痛、肩こりといった症状もでてきます。

◆骨盤ストレッチ

1.まず膝立ちになります。 
2.肩幅より少し狭いくらいに膝の間を開いていきます。 
3.次に両手をお尻の真ん中に添えていきます。 
4.骨盤を立てる形にお尻を押さえていき、イメージとしてはおしっこを止めるような感じに強く筋肉を引き締めていきます。 
5.この状態を10秒間維持してからゆっくり力を抜いていきます。 

このストレッチを1日3回、各10セットおこなっていきます。骨盤ストレッチによって骨盤底の引き締め効果と骨盤底の機能回復の効果が得られます。

女性の骨盤はもともとやや広がり気味にできており、偏った食生活や出産などによって骨盤がさらに広がっていき外側に脂肪がつき、下半身にボリュームがでやすくなっています。

姿勢が悪い状態のままでいると猫背になってしまい骨盤がどんどん傾いてしまいます。姿勢が悪いことによって内臓を支えている筋肉が衰えてしまい、下腹がぽっこり出てしまいます。内臓が下垂してしまうと内臓の働きが悪くなりますので身体に老廃物が溜まりやすくなります。

骨盤矯正のための商品も多種ありますので骨盤矯正をおこない身体の新陳代謝をたかめて健康的な身体づくりをしたほうが良いでしょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
骨盤矯正新着情報&ニュース 記事一覧
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース