骨盤の構成

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
骨盤の構成

骨盤の構成についてご紹介したいとおもいます。骨盤は左右の寛骨(かんこつ)と、仙骨、尾骨で構成されており寛骨という部分は左右一対の蝶のような形の平べったい骨です。腸骨や座骨、恥骨がひとつながりになって寛骨というように呼ばれています。背骨は仙骨に繋がっておりそのまわりを寛骨が囲んでいる状態になっています。背骨を支える土台となるものが骨盤といえるのです。また、骨盤は背骨だけではなくて腸や子宮、前立腺など内蔵を支えるための大切な役割もしています。

骨盤は身体のなかでもとても大事なパーツといえますが普段の姿勢や生活習慣によってゆがみが生じてしまうことがあります。土台が傾いているとその土台の上にあるものも当然としてゆがみがおこってきてしまいますよね。骨盤がゆがんでいたとしても頭はまっすぐな位置を保とうとするため背骨や首の骨が曲がってしまってゆがみがますますひどくなってしまうということなのです。

また、骨盤がゆがんでしまっているとホースが曲がったりねじれたりしているのと似た状態になってしまうため血行不良がおこったり神経が圧迫されてしまい腰痛や冷え、むくみなどにつながってしまいます。腰痛や肩こりはもちろんですが、一見ではあまり関係ないように思われている生理不順や下半身太り、頭痛やイライラというような症状も骨盤のゆがみが引き起こしている可能性があるのです。そのため骨盤のゆがみを矯正するということはとても大事なことなのです。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
骨盤矯正新着情報&ニュース 記事一覧
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース