産後は骨盤矯正と内臓機能向上

骨盤矯正体操・運動、ストレッチ、矯正ベルト、産後ダイエットなど出産後の効果的な骨盤矯正の方法、骨盤が歪む原因などを徹底解説。
スポンサード リンク
産後は骨盤矯正と内臓機能向上

出産は、とても大きな仕事といえます。そのような大きな仕事を終えた身体にはゆっくりと体調を整えて回復をする時期がとても大切なのですが忙しい生活をおくっている現代の状況をみてみるとなかなかそうはいきませんよね。まして、出産後はすぐに赤ちゃんを育てるというとても大切な役割をお母さんは果たしていかなければなりませんので精神的にもストレスを溜め込みがちになってしまいます。お母さんの身体はとても大変なストレスを抱えてしまうのです。

骨盤も戻りきってない身体の状態で忙しく毎日が過ぎていきますので腰痛や膝の痛みなどの関節痛に悩まされる方も多いようです。ベルトやサポーターをつかって補助することによってとても楽にはなりますが根本的な問題が解決していないのでまずは妊娠期にだんだんと変化していった身体の根本を改善していくことからはじめましょう。少し伸びきったお腹だけではなくて内臓そのものの機能をあげていくことが大切なことなのです。

産後のむくみや体型について産後は大仕事を終えたところなのでホッと一息つきたいところですが現実にはそうもいかないですよね。出産した後は人生で最大限に身体が緩む時期なため骨盤を含めてお腹の筋肉も内臓も弛緩している状態といえます。弛緩し過ぎても血行が悪くなってしまうため十分な酸素や栄養が行き届かない身体は基礎代謝も悪くなってしまいます。そして脂肪もつきやすくなってしまいリンパの流れも悪くなって浮腫んでしまうのです。

骨盤を閉めていくのと同時に内蔵の機能を上げることによって、体温も上がりますので基礎代謝も増えていきます。そして身体中の関節も締まっていくので出産する前の身体より良い状態にすることは可能なのです。出産をすると最大に身体が緩む時期なので、その時期を上手く経過させることができれば効果もとても大きいといえます。体重の増加よりも体型の変化のほうが女性にとっては問題になってくるのではないでしょうか?

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
骨盤矯正新着情報&ニュース 記事一覧
@骨盤矯正 新着情報

「骨盤矯正ダイエット」という言葉を最近、よく耳にしますよね。骨盤矯正ダイエットは、だんだんと脚光を浴びているダイエット法なのですが、なぜ骨盤を矯正させるとダイエットに繋がっていくのでしょうか?実際に「便秘・下痢・肥満(下半身太り・ダイエットしても痩せにくい)・冷え性・生理痛(生理不順)・腰痛・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れ」などの色々な症状が、骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因となり起こっている可能性があると考えられています。

もしも、今太っていることを気にしているかたで、骨盤がゆがんでいることが原因でやせにくくなってしまっているならば骨盤のゆがみを解消することでダイエット効果がアップする可能性があるのです。ゆがみだけではなく、骨盤がひらいている人の場合にはインナーマッスルと呼ばれる内臓を支える筋肉がおとろえてしまうことにより、基礎代謝が下がってしまったり、内臓がぶら下がってしまったりすることで正常な動きをしなくなってしまい下っ腹が出てしまう事も考えられます。

もちろん歪んでしまった骨盤はすぐに矯正できるわけではありません。骨盤矯正を行ったからといって確実にダイエッ

トできるともいいきれないのですが、一度、自分自身の骨盤の歪みをチェックしてみて、歪んでいた場合は自分でできる骨盤矯正方法を試してみてはいかがでしょうか。長い間、悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。気になる方は整体やカイロプラクティックなどの専門医療機関で診察をうけてみましょう。

骨盤矯正関連ニュース